交渉に交渉を重ねてやっと提供出来るようになりました。他店では味わえない本物の焼き鳥をぜひご賞味くださいませ。店主 松元 康二郎


美味しい理由

鶏は、飼育場所(山の標高・温度)、飼育方法、飼育日数、鶏が口にする水やエサの質で美味しさが決まると言っても過言ではありません。

松元(旧てんがらもん)の若鶏は、山水も湧き出る標高の高い場所で飼育されており、飼育方法は抗菌性に優れ平飼いでのびのびと育ちます。

安全面では、エサは上質な麦や抗生物質を含まない飼料、ハーブ等を使用しているため鶏の脂分がさっぱりとし肉に甘さが出ます。

飼育日数も、一般の若鶏は50日前後なのに比べ、 松元(旧てんがらもん)の若鶏は60日~65日と通常より長く飼育することで、しっかりとした肉質になっております。

6つのこだわり

  • 技術来られるお客様ひとりひとりにあった焼き方を。
  • 深層水を独自の低音装置で濃縮、結晶化させたミネラル豊富な天然塩。
  • たれ過去に出会った衝撃のたれ独自の調整を重ねた自慢のタレ。
  • スープ地鶏のガラと地鶏のモモ肉を入れることで、より上品で繊細な味へと生まれ変わった自慢のスープ。
  • 備長炭遠赤外線効果が高い備長炭は、お肉を強く、かつ柔らかく焼き上げます。
  • 七味七味唐辛子は1736年(元文元年)創業「八幡屋礒五郎 七味唐辛子」を使用。

Follow @hakata_tengaramon On Instagram